Ripple Effect リップル・エフェクトHP トップ 画廊 マンガ ジョジョ マクガイバー ジョギング
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
シェル祭

ここのところ、攻殻機動隊まつりでした。

 

実写映画もやってますが、まずは奥深くしまってあったDVDを引っ張り出して第一作の劇場版を鑑賞〜

 

何か友達に頼んだかして「イノセンス」と共に買った 絵コンテの付いた2004年製造のものだ。

ハードカバーの外装プラが みっちりくっついてディスク取り出しに苦労したよ(笑)

 

かなり久しぶりに観ましたが、やっぱり良いな〜

1995年公開だから 世間ではWindows95も無くCG等一般レベルではまだまだほど遠い時代。

勿論、「いかにも」CGなトコも先進的だった訳ですが、背景などカメラワーク処理にデジタルを既に使い始めてるトコロ、メイキングの映像特典を観てタイヘン勉強になりました。

(ってマネできる程のスキルなんざ無いんですけどね)

基本セルなんだよね〜… スゴイよ。

 

 

と、余韻のまま劇場へ。(以下、感想あるよん)

実写版「ゴーストインザシェル」を観る。

 

何かと問題になるアニメの実写化(特にハリウッド)ですが、

割と見た目など原作に寄せていた印象です。

 

ストーリーは改変は有るが まぁ普通に観られる(平凡とも言えるけど?)。

「素子」の名前に関するトコは良かったのではないかと思う。

 

原作の名シーンが多く、

バラエティ番組の「アニメのシーンを実写で再現!!」の

超豪華版だと思って観るのが楽しいかもしれない。

随所に原作リスペクトしているなぁって記号も多かった。

 

皆が思ってるコトだと思いますけど、背景が何で80年代位のSF感なんだよ!!とは感じた。

ビルとか素晴らしいんだけどね。

 

 

で、「イノセンス」のDVD開封!!

10年以上前のアニメだけどスゲェ作り込み。

美術に圧倒され、アクションや細かい仕草がスゴイのも驚き。

犬にエサやるトコとか大好き。

 

本編と同じ長さのコメンタリーを観ると更に制作の難しさが分かります。

 

あぁ、コレ見ると実写版もそういう細やかさを見せてほしかったかなぁって思う。

実写版のは「光学迷彩」とか「魅せたかった」だけに感じたもん。

 

しかし、イノセンスは前記のとおり、同尺のコメンタリーとか映像特典が長い!!

まだ対談観てないよ(´;ω;`)

 

 

さーて次はマトリックスシリーズ観るぞ(笑)!!

 

| 映画 | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
古〜い SF観る

イラストのネタ絵を描く為に中古で『エイリアン2』!

買ってきました。

シリーズで一番好きなやつッス。

 

86年公開。古い!

 

今見ると流石に宇宙船とかセット感がスゴイ(笑)。

でも、基地に潜入してエイリアンが出始めると

のめり込んじゃいますが。

 

エイリアンの出来は良いですね〜。

メイキング映像も楽しみました。

 

CGのほぼほぼ無い時代(劇中のモニタ等も何とも味がある)、色々アイディアを使った“特撮”が素晴らしい。

実はカナリ単純な構造の物を上手く動かしてたりするんですね。

エイリアンもパワーローダーも着ぐるみだったり、棒で操ったり…

まぁ、ビショップのあのシーンのトリックが見え見えなのがご愛敬です。

 

あと気になったのはシガニー・ウィーバーの声(吹き替え)。

弥永和子さんが定番ですが、エイリアンシリーズは本当にバラバラ(DVD版は幸田直子さん)。

テレ朝の影響か、私は何となくリプリーは戸田恵子さんの印象が強いです。

 

 

古いSFと言えば

名作「クラッシャージョウ」のブルーレイボックスが16年12月に出るとのコト。

安彦良和先生の初監督作品です。

(劇場版は83年! 同時期公開作は「ヤマト完結編」に「幻魔対戦」!)

 

そう言えば むかーし一度だけDVDボックス化されたのを持ってたぞ!っと

部屋の奥から引っ張り出したらDISC3開封してない!

ヤバッ観てなかった(笑)!!

 

さて劇場版の楽しみの一つとしてはスペシャル・デザインとして有名漫画家が参加しているところ。

大友克洋、鳥山明、高橋留美子、細野不二彦 等々…

って、わっ ジャケット裏でスタッフを確認してますがアニメーターも凄いぞ!

 

ぜひ確認するべし!

 

| 映画 | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
マシュマロマンでけぇ〜

 

久々に書き込みます。

今夜の地上波日テレの映画はゴーストバスターズ!

レイパーカーjr作曲のテーマ曲がノリノリですな!

 

ゴーストバスターズメンバー全員が女性となった

リメイク版が上映中にあやかっての

放送なのですが

21世紀になってゴールデンタイムでやるのは

初めてなのでは!?

私が幼少の頃はしょっちゅうやってた印象がありますが。

 

久々に視聴した感想は、

率直に…面白れ〜。

シガニー・ウィーバー若ぇ〜。

マシュマロマンでけぇ〜。

ストーリー的にはホント幼稚で下らないんですが…

だが、そこがいい!

 

やっぱり想像力と軽妙なノリで彩られた80年代の映画は最高に素晴らしいですね。

他にも

ちょっと思いつくだけでもグーニーズ、グレムリン、ロマンシングストーン、ネバーエンディングストーリー、

フットルース、プロジェクトA、ビバリーヒルズコップ、ゼイリブ等々、それにもちろんバックトゥザフューチャー。

どれもこれも観る度ワクワクしてました。

中でもE.Tは全然放送してくれなくてねえ〜。ずっとやきもきしてた思い出があります。

 

この時間に放映は結構な英断だと思うのですが、

もう古い映画をゴールデンタイムで流す時代じゃあないんでしょうね。

ここはテレ東の午後のロードショーに期待だ!

| 映画 | 00:08 | comments(1) | trackbacks(0) |
謹んでご冥福をお祈り致します
テレビドラマ「刑事コロンボ」で
コロンボ警部補を演じた名優ピーター・フォーク氏が 
23日死去しました。83歳でした。

氏は数年前にアルツハイマーを発症して
コロンボを演じることも難しい状態だったそうです。
訃報を聞いて
ついにこの日が来たか......と、ガックリしました。
悲しくて仕方ありません。

テレビドラマ史上最高の作品の最高の主人公――
あなたが旧作45本と新作24本で演じた
ヨレヨレのレインコートを着て
葉巻をくわえ
オンボロのプジョーを乗り回す
その颯爽とした姿を
僕は決して忘れません。

謹んでご冥福をお祈り致します。
安らかにお眠りください。

ここまで。ここを過ぎず......。
| 映画 | 10:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
コブラ、ハリウッド映画化の噂。
 http://www.hollywood-ch.com/news/10081904.html?cut_page=1
寺沢武一は、実写化に興味なかった筈。
ハリウッドか・・・いやな予感。別に3Dじゃなくても良いんだし。
| 映画 | 14:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
たまに映画観ると文章が長い
先日
「メメント」「ダークナイト」の
クリストファー・ノーラン監督の最新作
 インセプション
を観ました。

ストーリー:
他人の夢の中に入り込む技術が
世界的に普及した世界において
ディカプリオ演じるコブは
夢の中から情報を盗む夢泥棒として活躍していた。
コブは渡辺謙演じるサイトーから
とあるミッションを依頼される。
そのミッションはこなせば、
自分の殺人罪は免罪となる。
コブは子供たちの元に帰るため、
他人の夢の中に侵入し、
ある考えを植えつける――インセプションと呼ばれる
限りなく不可能に近いミッションに挑む――。


よくぞまあこんな
複雑なストーリーを2時間強で纏め上げたもんだ。
夢の中に侵入するという
とても食指がそそられるストーリーで、
ぜひとも観に行きたいと思ってたのですが、
主演のディカプリオがあんまり好きじゃあないので
観に行くのを敬遠してたんですが、
いや〜観に行ってよかった!
ノーラン監督天才ですよ!

脳内や夢の中への侵入する作品というと
パッと思い浮かぶのは
「ザ・セル」とか筒井康隆の「パプリカ」とか
仮想空間に出入りする「イグジステンズ」や「マトリックス」も
結構近い内容かな。
そんな同類項の映画の中でも
この映画は抜きん出ています。

特に傑出してるなと
思ったのは、
夢の中において、さらに眠り
夢を観ることが出来るという設定。
これにより、他の作品よりさらに物語を複雑化、
かつ奥深いものにしています。
さらにいろいろと複雑なルール――
夢の中では時間の進みが遅くなるとか
――が定められているのも面白い。
よく考えられているな、と思います。

夢の中の迷路の設計士である
ヒロインの名前が
アリアドネっていうんですが、
クレタ島の迷宮にて糸玉を使い
テセウスの脱出の手助けをした
ギリシャ神話の女神の
名前をつけるってのも内容にピッタリで
謎めいていてそれでいてイカしていて
良いです。

個人的に好きな場面は、
夢の世界第2層のホテルで、
夢からの目覚め――キックを引き起こすため、
寝ている5人がコードで束ねられ
無重力の中を引かれていくシーン。
一歩間違えたらもうギャグにしか見えない。笑
…観て無い人からしたら
もう全く意味不明ですな。

全編に渡って緊張感みなぎる展開で
大変面白かったです。
ラストの場面も意味深です。ひょっとしたら…。
ディカプリオ見直しました。
渡辺謙も何気に良かった。
こんな限りなくインディペンデントに近い
ネタでハリウッド映画を製作した
ノーラン監督、ホント素晴しいです。
ごちそうさまでした。


次に観るのは、来週公開の
特攻野郎Aチーム the movieかな〜。
| 映画 | 18:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
飛行機だけは勘弁な!
 

何年も前に映画化が決まってから
ずっとキャスティングが二転三転していた 
「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」が
ついに8月20日に公開されるそうです。
全米では昨日公開です。
一時はハンニバル役に
ブルース・ウィリスが抜擢されたこともあったのですが、
結局「シンドラーのリスト」でシンドラー役を演じた
リーアム・ニーソンに決まりました。
映画のトレーラーを観ると、
ペック中尉役はあんまり清潔感のあるイケメンじゃあないなあ。
マードック大尉も結構マトモっぽい。
だけど、例の黒いバンと、
例のテーマ曲は健在のようです。よかった!

なんにしても、Aチームの映画化超〜嬉しいです。
この勢いに便乗して立ち消えになってる
マクガイバーの映画化も実現するといいなあ…。





Aチーム映画化を記念して
20世紀フォックス映画が
80年代海外TVシリーズ好きなキャラクターの
アンケートを行ったそうです。
下がその結果。

 ▽80年代海外TVシリーズ好きなキャラクターランキング(20世紀フォックス映画調べ)
1位 ジョン・スミス「特攻野郎Aチーム」
2位 B・A・バラカス「特攻野郎Aチーム」
3位 H・M・マードック「特攻野郎Aチーム」
4位 マイケル・ナイト「ナイトライダー」
5位 テンプルトン・ペック「特攻野郎Aチーム」
6位 マクガイバー「冒険野郎マクガイバー」
7位 ジェームズ・ソニー・クロケット「マイアミ・バイス」
8位 デビッド・ブルース・バナー「超人ハルク」

Aチームの4人、上位総なめだよ!
マクガイバーは6位! 惜しい!!
| 映画 | 13:29 | comments(1) | trackbacks(0) |