Ripple Effect リップル・エフェクトHP トップ 画廊 マンガ ジョジョ マクガイバー ジョギング
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お江戸外濠 牛込濠・新見附濠編 | main | ジョギングコース調査中の動物達 17春 >>
外濠公園 〜牛込濠・新見附濠オマケ〜

JUGEMテーマ:ジョギング

 

外濠ジョグ 牛込濠・新見附濠編のオマケ

資料写真がもったいないので、ちょこっとアップします。

 

前回ちらっと書きましたが、外濠は其々水面の高さが異なります。

山の手の地形を削って作ったので水深を一定にするために、堰を設けたからだそうです。

 

では市ヶ谷見附のあった市ヶ谷駅周辺、

市ヶ谷橋を見てみましょう。

北西を向いています。

橋の左は「市ヶ谷濠」

 

で橋の右側「新見附濠」

なるほど、下の釣堀へおりる道もあり、明らかに水面の高低差があります。

 

大きな橋ですし、何気なく通ってしまっていると気づきませんが、なるほどといった史跡の証拠ですね。

 

新見附濠側を見下ろすと こんなカンジ。

市ヶ谷駅のホームと線路、濠の水に釣堀、上に水道管橋。

この立体空間が何とも言えない。

 

 

外堀通りから新見附橋あたりのお濠の様子。

奥の建物は法政大。

周囲は現在高い建築物も多く、江戸時代の巨大なお濠と現代のビル群を一緒に眺められるのも面白い。

 

ちなみに新見附橋は明治以降に出来たものなんですけどね。

 

 

新見附橋の東側、市ヶ谷方面へ行く方の外濠公園入口の一つ

 

何時に作られたものか

表示は右から文字で「東京市 外濠公園」

コレも時代を感じさせます。

 

(※東京市が存在したのは明治22年(1889)から昭和18年(1943)まで)

 

存在感のある「牛込見附(牛込御門)跡」の石垣。

大部分撤去された今でもココは面影を強く残しています。

 

 

対岸、牛込橋の西側から牛込見附方面を見たところ。

 

広重の浮世絵「牛込神楽坂之図」はもっと神楽坂の方から見た図ですが、

それだと石垣が見えないので橋のすぐ傍から。

 

何となく雰囲気が残っている!

 

近くには甲武鉄道「牛込駅」跡もあり、走る合間に史跡巡りもオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

| ジョギング | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:56 | - | - |









http://ripple-e-blog.jugem.jp/trackback/674