Ripple Effect リップル・エフェクトHP トップ 画廊 マンガ ジョジョ マクガイバー ジョギング ジョギング
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 奇数ページ | main | コース探しで出会ったネコなど >>
振付シリーズ なんか濃い

振付シリーズ簡単絵

 

このテーマだと女の子アイドルの曲を描きがちなので、今回は濃いめのアーティストの歌をチョイスです。

 

西城秀樹

『YOUNG MAN (YMCA)』(1979年)

28枚目シングル

 

アメリカのヴィレッジ・ピープルの『Y.M.C.A』(1978)のカバーだが、あの「Y」「M」「C」「A」を体で表現するのは西城秀樹のオリジナル。

逆に本家ヴィレッジ・ピープルが「それ良いな」的に使うようになったとか何とかTVで見た気がする。

 

じゃあソコの振付描けば良いってハナシですが

あえて冒頭の空手っぽい動きのトコロ。

あれ? 前に見た事あるぞ と思ったらソレは気のせいだ!

 

そう言えば今、ワイモバイルのCMでカバーされていますね。

 

 

郷ひろみ

『GOLDFINGER '99』(1999年)

76枚目シングル

 

70年代アイドル全盛だった郷ひろみ 90年代は「言えないよ」等のバラード系でヒット曲を出してきた。

が、99年にきてガラッとノリノリの楽曲で更に上をいく売り上げをみせました。

 

原曲はリッキー・マーティンの『Livin' la Vida Loca』(1999年)

 

描いた振付はサビ「ACHICHI ACHI」の場面で

手を顔の前で 「アツさ」を表現したようなトコですね。

 

 

 

沢田研二

『TOKIO』(1980年)

29枚目シングル

 

パラシュートをつけて軍服系で赤いド派手な衣装、さらには電飾と目立ったパフォーマンスで当時話題となった。

歌詞は糸井重里なんだ…。

 

振付はサビで「と〜きぃ〜 おっ!」と手を顔の前でひっくり返すシーン

 

 

今回、記事は新御三家でまとめたかったのですけど 野口五郎は目だった振付の曲がなので入れませんでした。

 

 

 

 

 

| 活動情報 【ラクガキJK絵】 | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:14 | - | - |









http://ripple-e-blog.jugem.jp/trackback/750