Ripple Effect リップル・エフェクトHP トップ 画廊 マンガ お絵かき掲示板 ジョジョ マクガイバー ジョギング
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
振付シリーズ 青春のヤツと背中のヤツ

絵板の振付するJK絵シリーズ。

コツコツ紹介。

 

今回最初は00年代

修二と彰

『青春アミーゴ』(2005年)

 

ドラマ「野ブタ。をプロデュース」の主題歌

亀梨和也と山下智久の限定ユニットだ。

 

振り付けはサビの「si」のトコ

指は手のひら側を上にしたり しなかったり?

 

12年ほど前の曲ですが、この間に

亀梨くんはKAT-TUNとしてもCDデビューして、

山PはNEWSを脱退して、堀北は結婚して…

時は経つね。

 

 

それから今年、再びユニットを組んで歌ったのが

亀と山P

『背中越しのチャンス』(2017年)

 

ドラマ「ボク、運命の人です。」の主題歌。

狙ってる感ある(失礼!)エンディングでのダンスは両手でこのポーズの振り付け。

歌う時はマイク有るから当然片手になる。

 

レーベルはKAT-TUN側なのね。

色々あるんだぁ。

 

 

 

| 活動情報 | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
振付シリーズ

絵板にあげてる振付するJK絵シリーズ。

 

ブログの方で 何度も紹介するつもりはなかったのですが、

何か解説文を載せるのが楽しくなってきたので、引き続き掲載。

(他の作業が滞っているのもあるのですが…)

 

まずは80年代のアイドルソング

松本伊代

『センチメンタル・ジャーニー』(1981年)

 

松本伊代のデビュー曲で、同年の多くの新人賞を受賞。

今も 懐かしの音楽を流す番組やCM等でも有名な代表曲だ。

 

振り付けは凄くシンプル。

イラストに切り取ったのは「16だから〜」のトコ!

これは迷う余地なし!!

 

もう一つ印象的な振り付けのあるのは、タイトルでもある

「センチメンタルジャーニー」のフレーズ。

面白い事にBメロとサビの二回出てくる。

 

なんか感心してしまった。

 

 

続いて描いたのは90年代

PUFFY

『渚にまつわるエトセトラ』(1997年)

(作詞:井上陽水、作曲・編曲:奥田民生)

 

90年代というと小室ファミリーとかダンスミュージックという印象ですが、

PUFFYの何とも軽く緩い踊りがたまらない。

 

ただ交互に拳を前に伸ばすだけの振り付け(振り付けか?)は

それでも強烈に頭に残りそうだ。

 

西城秀樹の『YOUNG MAN (Y.M.C.A.)』をモチーフにしてるんだとか。

あぁ、出だしの「んゃぐんまんっ!」のトコか。

 

ならば 後ろの歌詞のカキ文字を変えるだけでヤングマンでもOKな絵だ!!

 

 

 

| 活動情報 | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
シェル祭

ここのところ、攻殻機動隊まつりでした。

 

実写映画もやってますが、まずは奥深くしまってあったDVDを引っ張り出して第一作の劇場版を鑑賞〜

 

何か友達に頼んだかして「イノセンス」と共に買った 絵コンテの付いた2004年製造のものだ。

ハードカバーの外装プラが みっちりくっついてディスク取り出しに苦労したよ(笑)

 

かなり久しぶりに観ましたが、やっぱり良いな〜

1995年公開だから 世間ではWindows95も無くCG等一般レベルではまだまだほど遠い時代。

勿論、「いかにも」CGなトコも先進的だった訳ですが、背景などカメラワーク処理にデジタルを既に使い始めてるトコロ、メイキングの映像特典を観てタイヘン勉強になりました。

(ってマネできる程のスキルなんざ無いんですけどね)

基本セルなんだよね〜… スゴイよ。

 

 

と、余韻のまま劇場へ。(以下、感想あるよん)

実写版「ゴーストインザシェル」を観る。

 

何かと問題になるアニメの実写化(特にハリウッド)ですが、

割と見た目など原作に寄せていた印象です。

 

ストーリーは改変は有るが まぁ普通に観られる(平凡とも言えるけど?)。

「素子」の名前に関するトコは良かったのではないかと思う。

 

原作の名シーンが多く、

バラエティ番組の「アニメのシーンを実写で再現!!」の

超豪華版だと思って観るのが楽しいかもしれない。

随所に原作リスペクトしているなぁって記号も多かった。

 

皆が思ってるコトだと思いますけど、背景が何で80年代位のSF感なんだよ!!とは感じた。

ビルとか素晴らしいんだけどね。

 

 

で、「イノセンス」のDVD開封!!

10年以上前のアニメだけどスゲェ作り込み。

美術に圧倒され、アクションや細かい仕草がスゴイのも驚き。

犬にエサやるトコとか大好き。

 

本編と同じ長さのコメンタリーを観ると更に制作の難しさが分かります。

 

あぁ、コレ見ると実写版もそういう細やかさを見せてほしかったかなぁって思う。

実写版のは「光学迷彩」とか「魅せたかった」だけに感じたもん。

 

しかし、イノセンスは前記のとおり、同尺のコメンタリーとか映像特典が長い!!

まだ対談観てないよ(´;ω;`)

 

 

さーて次はマトリックスシリーズ観るぞ(笑)!!

 

| 映画 | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
悪魔憑き

ギャラリー等 更新です。

 

今回は学校で悪魔に憑りつかれた女の子…

 

大きいサイズはギャラリーページまたはpixivにてどうぞ。
Ripple Effect Gallery → 乙夏gallery

 

『悪魔憑き』

 

授業中居眠りあるある といったトコ

悪魔憑きに絡めてみました。

 

エクソシストや恐怖映像シリーズでは

異国の言葉を喋りだす…とかが定番で、

あっコレって居眠り中に書いている文字が

おかしくなるの通じなぁと思ったのが

このイラストのはじまりです。

 

あとはポルターガイストやら自傷行為で

上手くまとまったかな?

 

ところで

恐怖映像特番で 悪魔祓いをしているシーンを観ていてると、

毎度「改宗すればいんじゃね?」とか

無粋なツッコミをしたくなる。

 

 

 

 

| 活動情報 | 21:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
活動報告とか

体調不良もあり、ジョギングページは今月はリスト追加のみ…

うむむ、早く治さねば。

 

 

イラストの方も先月の「ゆるキャラ×学生服」シリーズで疲れたか、一段落状態になってしまいましたね。

ペース上がるよう頑張ります!

 

何とか保って描いているのは

絵板にアップしている振付シリーズか

 

またちょっとだけ紹介

こちらは麻丘めぐみの5番目のシングル

「わたしの彼は左きき」から

 

かなり昔で 1973年リリース

 

派手な振り付けは無いが、サビでマイクを持ち替え

左手のひらと甲を交互に振るのは印象的ですね。

 

描くにあたって動画を観ていたら、

最近の振り付けは指を閉じているのですが

アイドル時代は指を開いて様子。

今回は当時にならって開いてみました。

 

 

続いて2002年リリース

氣志團の「One Night Carnival」

 

前奏の部分

 

バストアップの絵で統一してるので

手がきれてます(笑)

 

他に何ヶ所も良い振付部分がありますが、この部分が特徴的かなと

 

制服は迷わずセーラー服!!

 

 

 

| 活動情報 | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) |